SSLサーバ証明書ラボ@ただいま建設中

Webサイトの暗号化に利用される「SSLサーバ証明書」こちらについて、調べたことをまとめてます。

*

企業でSSLサーバー証明書の費用を安くしたい!なら「KDDIウェブ」がおすすめ♪

   

TOMOROHです。

Googleが検索エンジンの検索順位結果について、WebサイトのHTTPS化(SSL化)を利用すると言われてかなり立ちます。
そして、Google Chromeでは、暗号化されたサイトに「保護された通信」と表示されるようになりました。

世の中の流れとして、
WebサイトはHTTPS化(SSL化)
は考えないといけない時期に来ています。

現在、Webサイトを運営している場合、必要となるのは
「SSLサーバ証明書」
ですね。

WebサイトのSSL化はいくつか種類がありますが、利用しているサーバーにより安くできる場合とそうでない場合があります。

安くできない場合
・レンタルサーバーを利用しており、持ち込み(レンタルサーバー会社以外で証明書取得)ができない場合
です。

安くできる場合
・独自でサーバーを管理している
・レンタルサーバーを利用しているが、持ち込みが可能な場合

ここで、少しおさらいを。

会社のWebサイトをHTTPS化(SSL化)する場合、選ぶべき証明書はなんでしょうか?

SSLサーバー証明書には
・ドメイン認証
・企業認証
・EV認証

ドメイン認証

これは、文字通り「ドメイン」が実在しているか?を確認したもので、個人からSOHO、暗号化のみで良いような試験的なサイト向けといったところです。
このサイトのSSLサーバー証明書はこの「ドメイン認証」タイプです。
現在個人で運営してますので、さらに信頼性が必要になった場合は上位のものに変更を検討したいと思います。

企業認証

企業が運営しているWebサイトをHTTPS化(SSL化)するなら、この企業認証が標準ですね。
この企業認証タイプは、

会社が実在すること

を認証の条件になります。

実際、会社の登記や電話による在職証明という手順を踏む必要がありますが、逆を言えば、
閲覧者はそういったサイトなら安心して閲覧できます。

EV認証

これは、企業認証にあわせ、さらに認証レベルを上げたもの。
一般的に利用されているのは、
クレジットカードやネットバンクといったお金などを扱うような高い信頼性が必要なサイトに利用されています。
EV証明書はアドレスバーの色が変わるので、閲覧者にはすぐにわかりますね。

ですので、企業で選ぶなら企業認証タイプ以上となります。

現在、証明書の発行元は無料ドメイン認証のものから有料でも高価なEV認証のものもありますが、その中でも
SSLサーバ証明書の発行元も大事になってきます。

証明書の発行元は

お墨付き

をくれる人。

あなたを
「この人は良い人です」
と、総理大臣が言ってくれるのとコンビニの店員が言ってくれた場合
多くの人はどちらを多く信頼してくれるでしょうか?

きっと総理大臣ですよね?

つまり、有名な人にお墨付きをもらえるとそれだけ信頼してもらえるということです。

ということは、

証明書の発行元は認知度が大事

となります。

正直、証明書を発行している企業の認知度でいえば、

「シマンテック(旧:ベリサイン)」

がダントツです。

つまり、企業として選ぶべきはシマンテックとなるわけですが、

高い。

とりあえず、高い。

SSLサーバー証明書は取得したら終わりではなく、継続的に費用が発生します。
ですので、少しでも費用を抑えたい。

でも、信頼性も大事。

となると、信頼性の高いSSLサーバー証明書を少しでも安く運用したいとなるかと。

シマンテック(旧:ベリサイン)から購入すると高いままですが、
販売代理店から購入すると安く購入できるんです。

なにか、違いがあるかというと、利用者から見た場合違いはありません。

ですので、販売代理店から購入することをお勧めします。

でも、信頼できる販売代理店から購入したいというのが普通。

で、おすすめは、

こちら。




ベリサインSSLサーバー証明書

ポイントは、
最大24%OFF

しかも、携帯電話やプロバイダ、さらにレンタルサーバーも取り扱っている
KDDI株式会社
が運営している。

ということで、信頼性と価格で選ぶなら、



がおすすめです。

ではでは。

KDDIウェブ/株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

シマンテック(旧ベリサイン)の証明書とジオトラストの証明書がオトクに購入できる。
シマンテックの証明書が最大24%OFF
ジオトラストの証明書が最大54%OFF

他社からの切り替えだと最大1年分無料!

SSLボックス/ネットオウル株式会社

ドメイン認証タイプのSSLサーバー証明書を専門で販売している「SSLボックス」
格安SSLサーバ証明書の代表だった「RapidSSL」だけでなくcomodo社の新格安SSLサーバ証明書「CoreSSL」やサイトシール付の「SecureCore」

さらに3か月毎に更新が必要でも無料で利用できる「Let\'s Encrypt」も

エックスサーバー/エックスサーバー株式会社

アクセスが集中してもかなり強い。

結構頑張るレンタルサーバーです。
負荷に強いのでWebサイトとブログも同じサーバーで運営できる。
ということで、最近人気急上昇中のレンタルサーバーです。
レンタルサーバ
価格は、1,000円からということなので、
初めて使うレンタルサーバーというよりは、
アクセスが増えてきて乗り換えを考えている方向け。

無料SSLサーバ証明書「Let\\\\\\\'s Encript」の自動更新に対応したため、SSLサイトを持ちたい人にもおすすめののレンタルサーバー!

 - SSLサーバー証明書, コラム