SSLサーバ証明書ラボ@ただいま建設中

Webサイトの暗号化に利用される「SSLサーバ証明書」こちらについて、調べたことをまとめてます。

*

「Contact form 7」をHTTPSに変更したのにスクリプトとCSSが切り替わらなかった時の対処方法

      2015/09/13

こんにちわ。
TOMOROHです。

さて、先日からサイトをhttps化していくつか苦労した点がありました。

今回は「Contact form 7」についてです。

このブログには、問い合わせフォームを設置しておりませんが、別のブログでは置いています。

こちらは、どうしてもhttps化したかったので少し手を入れて対応しました。

大きなポイントとしては以下のとおり。
・全ページにスタイルシートとスクリプトの読み込みを停止。
・個別ヘッダを組み込むプラグインを追加し、固定の問い合わせフォームのみ追記するように設定

です。

次から少し手順を書いていきたいと思います。

1.全ページにスタイルシートとスクリプトの読み込みを停止
これは、「Contact form 7」のプラグインを直接編集します。

編集箇所は、

ここを「true」から「felse」に変更します。

これにより、「Contact form 7」のcssとスクリプトが読み込まれなくなります。

2.ヘッダー追加ようプラグイン「HeadSpace 2」をインストール

3.固定ページに追加するcssとスクリプトを追加

4.固定ページに個別ヘッダを適用。

と言った流れです。

wordpressはhttps化が楽になったと言われていますが、まだまだ手を入れてあげないとダメなんでしょうね。

ではでは

KDDIウェブ/株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

シマンテック(旧ベリサイン)の証明書とジオトラストの証明書がオトクに購入できる。
シマンテックの証明書が最大24%OFF
ジオトラストの証明書が最大54%OFF

他社からの切り替えだと最大1年分無料!

SSLボックス/ネットオウル株式会社

ドメイン認証タイプのSSLサーバー証明書を専門で販売している「SSLボックス」
格安SSLサーバ証明書の代表だった「RapidSSL」だけでなくcomodo社の新格安SSLサーバ証明書「CoreSSL」やサイトシール付の「SecureCore」

さらに3か月毎に更新が必要でも無料で利用できる「Let\'s Encrypt」も

エックスサーバー/エックスサーバー株式会社

アクセスが集中してもかなり強い。

結構頑張るレンタルサーバーです。
負荷に強いのでWebサイトとブログも同じサーバーで運営できる。
ということで、最近人気急上昇中のレンタルサーバーです。
レンタルサーバ
価格は、1,000円からということなので、
初めて使うレンタルサーバーというよりは、
アクセスが増えてきて乗り換えを考えている方向け。

無料SSLサーバ証明書「Let\\\\\\\'s Encript」の自動更新に対応したため、SSLサイトを持ちたい人にもおすすめののレンタルサーバー!

 - レビュー