SSLサーバ証明書ラボ@ただいま建設中

Webサイトの暗号化に利用される「SSLサーバ証明書」こちらについて、調べたことをまとめてます。

*

「さくらのレンタルサーバ」 WordPress常時SSL化プラグイン提供開始

      2017/07/12

TOMOROHです。

さて、2017年4月26日に公開された情報ですが、

https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000047641?_ga=1.156265276.668413727.1465318816&_bdld=2Y5KeF.lmsJX+D

【WordPress】常時SSL化プラグインの使い方 – さくらのサポート情報

https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/115000047641?_ga=1.156265276.668413727.1465318816&_bdld=2Y5KeF.lmsJX+D

ということで、他社レンタルサーバが無料のSSLサーバ証明書を導入でき自動更新までできるということで提供している中、
対抗措置ということで提供を開始したのでしょうか。

なお、本サイトで適用してみようとしてみましたが、
予期せぬ致命的なエラーにより有効化できませんでした。

改めて適用し結果の報告したいと思います。

ではでは。

KDDIウェブ/株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

シマンテック(旧ベリサイン)の証明書とジオトラストの証明書がオトクに購入できる。
シマンテックの証明書が最大24%OFF
ジオトラストの証明書が最大54%OFF

他社からの切り替えだと最大1年分無料!

SSLボックス/ネットオウル株式会社

ドメイン認証タイプのSSLサーバー証明書を専門で販売している「SSLボックス」
格安SSLサーバ証明書の代表だった「RapidSSL」だけでなくcomodo社の新格安SSLサーバ証明書「CoreSSL」やサイトシール付の「SecureCore」

さらに3か月毎に更新が必要でも無料で利用できる「Let\'s Encrypt」も

エックスサーバー/エックスサーバー株式会社

アクセスが集中してもかなり強い。

結構頑張るレンタルサーバーです。
負荷に強いのでWebサイトとブログも同じサーバーで運営できる。
ということで、最近人気急上昇中のレンタルサーバーです。
レンタルサーバ
価格は、1,000円からということなので、
初めて使うレンタルサーバーというよりは、
アクセスが増えてきて乗り換えを考えている方向け。

無料SSLサーバ証明書「Let\\\\\\\'s Encript」の自動更新に対応したため、SSLサイトを持ちたい人にもおすすめののレンタルサーバー!

 - ニュース