SSLサーバ証明書ラボ@ただいま建設中

Webサイトの暗号化に利用される「SSLサーバ証明書」こちらについて、調べたことをまとめてます。

*

jpドメイン管理の「JPRS」がサーバー証明書発行サービスを開始

   

こんばんわ。
もう日が変わりましたが、本日(26日)よりjpドメインを管理している「JPRS」がサーバー証明書の発行サービスを開始しました。

https://jprs.jp/pubcert/

サーバー証明書発行サービス | JPRS

https://jprs.jp/pubcert/

https://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2016/04/26/22744

JPRSが「JPRSサーバー証明書発行サービス」開始、申請取り次ぎ・認証・発行を国内事業者で提供 | Web担当者Forum

https://web-tan.forum.impressrd.jp/n/2016/04/26/22744

取扱い内容についてでは、ドメイン認証タイプ(DV)と企業認証タイプ(OV)のふたつ。
どこの証明書をベースにしているのかと思ったら、「セコムトラストシステムズ」と協力してとのこと。

なお、現在は直接契約ではなく指定事業社との契約になるようですが、
現在この申し込みを受け付け開始したところです。

ですので、今後レンタルサーバ事業者やSSLサーバ販売事業者などが名乗りを挙げてくるかと思います。
今後はそういった事業者と価格が気になるところですね。

KDDIウェブ/株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

シマンテック(旧ベリサイン)の証明書とジオトラストの証明書がオトクに購入できる。
シマンテックの証明書が最大24%OFF
ジオトラストの証明書が最大54%OFF

他社からの切り替えだと最大1年分無料!

SSLボックス/ネットオウル株式会社

ドメイン認証タイプのSSLサーバー証明書を専門で販売している「SSLボックス」
格安SSLサーバ証明書の代表だった「RapidSSL」だけでなくcomodo社の新格安SSLサーバ証明書「CoreSSL」やサイトシール付の「SecureCore」

さらに3か月毎に更新が必要でも無料で利用できる「Let\'s Encrypt」も

エックスサーバー/エックスサーバー株式会社

アクセスが集中してもかなり強い。

結構頑張るレンタルサーバーです。
負荷に強いのでWebサイトとブログも同じサーバーで運営できる。
ということで、最近人気急上昇中のレンタルサーバーです。
レンタルサーバ
価格は、1,000円からということなので、
初めて使うレンタルサーバーというよりは、
アクセスが増えてきて乗り換えを考えている方向け。

無料SSLサーバ証明書「Let\\\\\\\'s Encript」の自動更新に対応したため、SSLサイトを持ちたい人にもおすすめののレンタルサーバー!

 - ニュース