SSLサーバ証明書ラボ@ただいま建設中

Webサイトの暗号化に利用される「SSLサーバ証明書」こちらについて、調べたことをまとめてます。

*

ファーストサーバー(Zenlogic(ゼンロジック))がHTTPS化を無料で開始

      2016/07/06

TOMOROHです。
今回は、「ファーストサーバー(Zenlogic(ゼンロジック))」です。

ちょっとこれ、悩みました。

ファーストサーバーといえば、

http://ascii.jp/elem/000/000/913/913202/

ASCII.jp:データ消失!あのとき、ファーストサーバになにが起こったか? (1/2)|データ消失事故から2年!ファーストサーバ、再生への第一歩

http://ascii.jp/elem/000/000/913/913202/

です。
やはり、あのデータ消失事件は大きかったです。

では、さて今回の内容については再生の一歩となるかどうかです。

https://www.firstserver.co.jp/news/2016/2016022401.html

【国内事業者初】無料SSL証明書「Let’s Encrypt」の取扱い開始 ~常時SSL時代に向けて、全てのWebサイトのSSL化を推進~|プレスリリース|ニュース|ファーストサーバ株式会社

https://www.firstserver.co.jp/news/2016/2016022401.html

さて、今回の内容は無料のSSL証明書を使えるようにします。
「ただ」で。
ということなんですが。

私個人としては、無料のSSL証明書は信頼していません。
なぜか。
無料ということは、だれでも利用できるこということ。
ということは、正規サイトを真似たサイト(フィッシングサイト)がこれを利用したらどうなるか?

無料のSSL証明書は信頼出来ないとなる可能性もあるということです。

ファーストサーバの選択は現時点では正しいと判断しますが、今後は悩ましいところです。
国内初ということは他社があえてやっていないと考えることも大事です。

現時点で、ファーストサーバーを利用されている方には良い知らせですので、この機会にSSL化してみるのも良いかもしれません。

では今後ファーストサーバーは契約してもよいか?というお話ですが、
ファーストサーバについては、過去の問題もありますが、現在は過去の問題を反省し対策委員会もたてその問題点の修正も行っていると思います。
ですので、問題のあった企業だからあぶないではなく、経過を確認し問題ないと判断できれば契約しても良い企業となるかと。

https://www.firstserver.co.jp/effort/trust.html

事故再発防止策実施完了後の取組み|ファーストサーバの取組み|Zenlogic(ゼンロジック)のファーストサーバ株式会社

https://www.firstserver.co.jp/effort/trust.html

このあたりを確認し判断するのも良いかもしれません。

ではでは。



KDDIウェブ/株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

シマンテック(旧ベリサイン)の証明書とジオトラストの証明書がオトクに購入できる。
シマンテックの証明書が最大24%OFF
ジオトラストの証明書が最大54%OFF

他社からの切り替えだと最大1年分無料!

SSLボックス/ネットオウル株式会社

ドメイン認証タイプのSSLサーバー証明書を専門で販売している「SSLボックス」
格安SSLサーバ証明書の代表だった「RapidSSL」だけでなくcomodo社の新格安SSLサーバ証明書「CoreSSL」やサイトシール付の「SecureCore」

さらに3か月毎に更新が必要でも無料で利用できる「Let\'s Encrypt」も

エックスサーバー/エックスサーバー株式会社

アクセスが集中してもかなり強い。

結構頑張るレンタルサーバーです。
負荷に強いのでWebサイトとブログも同じサーバーで運営できる。
ということで、最近人気急上昇中のレンタルサーバーです。
レンタルサーバ
価格は、1,000円からということなので、
初めて使うレンタルサーバーというよりは、
アクセスが増えてきて乗り換えを考えている方向け。

無料SSLサーバ証明書「Let\\\\\\\'s Encript」の自動更新に対応したため、SSLサイトを持ちたい人にもおすすめののレンタルサーバー!

 - ニュース