SSLサーバ証明書ラボ@ただいま建設中

Webサイトの暗号化に利用される「SSLサーバ証明書」こちらについて、調べたことをまとめてます。

*

[symantec]一部ブラウザでのSSLサーバ通信における警告表示について

   

こんばんわ。
TOMOROHです。

さて、
「symantec」
本サイト並びに自分のサイトでは利用していませんがsymantecより利用者にメールで案内が届いています。

https://knowledge.symantec.com/jp/support/ssl-certificates-support/index?page=content&id=ALERT1973&actp=LIST&viewlocale=ja_JP

一部ブラウザでのSSLサーバ通信における警告表示について | Symantec

https://knowledge.symantec.com/jp/support/ssl-certificates-support/index?page=content&id=ALERT1973&actp=LIST&viewlocale=ja_JP

原因は、マイクロソフトがWindows 側の証明書が1月20日に無効化されたことが原因のようです。
サイトには、クライアント側の回避策やサーバーでの回避策がサイトに記載されています。

SHA-1の警告も今年はありそうですし、証明書関係はいろいろとあるかもしれません。
気になっている方は今一度ご確認をお願いいたします。

ではでは

KDDIウェブ/株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

シマンテック(旧ベリサイン)の証明書とジオトラストの証明書がオトクに購入できる。
シマンテックの証明書が最大24%OFF
ジオトラストの証明書が最大54%OFF

他社からの切り替えだと最大1年分無料!

SSLボックス/ネットオウル株式会社

ドメイン認証タイプのSSLサーバー証明書を専門で販売している「SSLボックス」
格安SSLサーバ証明書の代表だった「RapidSSL」だけでなくcomodo社の新格安SSLサーバ証明書「CoreSSL」やサイトシール付の「SecureCore」

さらに3か月毎に更新が必要でも無料で利用できる「Let\'s Encrypt」も

エックスサーバー/エックスサーバー株式会社

アクセスが集中してもかなり強い。

結構頑張るレンタルサーバーです。
負荷に強いのでWebサイトとブログも同じサーバーで運営できる。
ということで、最近人気急上昇中のレンタルサーバーです。
レンタルサーバ
価格は、1,000円からということなので、
初めて使うレンタルサーバーというよりは、
アクセスが増えてきて乗り換えを考えている方向け。

無料SSLサーバ証明書「Let\\\\\\\'s Encript」の自動更新に対応したため、SSLサイトを持ちたい人にもおすすめののレンタルサーバー!

 - ニュース