SSLサーバ証明書ラボ@ただいま建設中

Webサイトの暗号化に利用される「SSLサーバ証明書」こちらについて、調べたことをまとめてます。

*

サイトシールによる信頼性の違いはあるか?

      2017/01/11

さて、今回は「サイトシール」についてです。

サイトシールとは、
このサイトの右下にあるやつですね。

結果から言えば、あまり意味はないと思っています。
ただ、
証明書が正しいか、有効性はどうか。
このあたりが簡単にできるという点は良いと思います。

通常アドレスバーの鍵マークで確認するのですが、わかりづらい場合もあります。
その点、サイトシールはワンクリックで確認できるので詳しくない人でもサイトの安全性の判断できる。

ということで、金銭的に余裕があるのであれば、選んでおくべきですね。

本当は、利用者すべての安全性を考えて、選んでおいてほしいんですけどね。

ではでは

KDDIウェブ/株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

シマンテック(旧ベリサイン)の証明書とジオトラストの証明書がオトクに購入できる。
シマンテックの証明書が最大24%OFF
ジオトラストの証明書が最大54%OFF

他社からの切り替えだと最大1年分無料!

SSLボックス/ネットオウル株式会社

ドメイン認証タイプのSSLサーバー証明書を専門で販売している「SSLボックス」
格安SSLサーバ証明書の代表だった「RapidSSL」だけでなくcomodo社の新格安SSLサーバ証明書「CoreSSL」やサイトシール付の「SecureCore」

さらに3か月毎に更新が必要でも無料で利用できる「Let\'s Encrypt」も

エックスサーバー/エックスサーバー株式会社

アクセスが集中してもかなり強い。

結構頑張るレンタルサーバーです。
負荷に強いのでWebサイトとブログも同じサーバーで運営できる。
ということで、最近人気急上昇中のレンタルサーバーです。
レンタルサーバ
価格は、1,000円からということなので、
初めて使うレンタルサーバーというよりは、
アクセスが増えてきて乗り換えを考えている方向け。

無料SSLサーバ証明書「Let\\\\\\\'s Encript」の自動更新に対応したため、SSLサイトを持ちたい人にもおすすめののレンタルサーバー!

 - 証明書の種類